地域のモノづくり~地域のモノ・コト・ヒトから生まれる日本の逸品~

  1. HOME
  2. 2017年1月号

日本の伝統工芸を世界に発信する清水焼の老舗
西川貞三郎商店

国際的な感覚から生まれる、暮らしに寄り添う清水焼

日本の伝統工芸を世界へ…こうしたムーブメントが熱を帯びるずっと前、今から半世紀以上も前に、ベルギー万博に出展し、清水焼を世界に発信した同社。1917年の創業以来、国際的な感覚を持ち続け、清水焼を中心とした陶器の販売にとどまらず、日本の伝統工芸を国内外に発信し続けてきた。

その精神は3代目である西川加余子氏のもとでさらに昇華され、同社のベースである清水焼を、現代のライフスタイルに浸透させる商品開発を行っている。“なんでもできる”が故に、アピールが難しい清水焼を、スタイル毎にブランディング。『見立て』『貞雲』『かより』という3つのブランドで、清水焼をわかりやすく、より魅力的に提案する。鉄瓶や鎚起銅器といった他の伝統工芸とのコラボレーションや、パリでのイベント開催など、伝統を踏まえつつ、時代も国をも超える活動を加速させている。

  • 1.『見立て』…釉薬の重なりが作り出す無限の表情
  • 2.『貞雲』…熟練の職人による精緻を極めた絵付け
  • 3.『かより』…伝統的な絵付けに西洋的な色合いやモチーフを大胆に融合

精緻さを極める清水焼の絵付け。絵付けだけでも下絵と上絵に分かれており、その他、乾燥・施釉・焼き等、多くの工程を経て清水焼は完成する

株式会社西川貞三郎商店

TEL 075-541-5191
URL http://www.t-nishikawa.co.jp/
千年の知恵と現代の技術が融合し、今もなお進化する伝統―
京都のモノづくり

日本で唯一のソフトパステル専業メーカー
王冠化学工業所

日本ならではの色で、感性を伝えるハンドメイドパステル
医療にも用いられる技術で、伝統にイノベーションを起こす
エスエヌジー

香りを目で見て楽しむ、技術と伝統の融合から生まれたディフューザー
ジャンルを超えた職人たちが、ペンでつながる
ネーカーズ
世界で初めて、デジタルと融合した次世代の京鹿の子絞り
京都絞美京
柿から育てる、こだわりぬいた 京・柿渋染め
柿渋Houseみます

記事はこちらの雑誌に掲載されております。詳細はこちら


TOP