地域のモノづくり~地域のモノ・コト・ヒトから生まれる日本の逸品~

  1. HOME
  2. 2017年1月号

柿から育てる、こだわりぬいた 京・柿渋染め
柿渋Houseみます

柿渋の三大産地のひとつ、京都山城の創業百四十余年、柿渋メーカー(株)三桝嘉七商店のグループ店。店主三桝武男氏は、柿渋造りの伝統を継承し、独自のアイデアと技術で発展させてきた。同店の柿渋染め最大の特徴は、やさしさ。独自開発の顆粒柿渋で染め、さらに染めた後もすぐに販売せず、一定期間寝かせることにより、やわらかく、柿渋染め独特のにおいもしない仕上がりに。また、柿タンニンの働きにより、抗菌・防臭・消臭効果、冷涼感、清爽感、ホルムアルデヒドの吸着など機能性にも優れる。天然素材の製品が少なくなる中、三桝氏は業界の発展や次世代への継承も視野に入れ、団体の発足や研究機関との連携、柿渋を利用した環境への取組みなどの活動も積極的に行っている。

  • 1.未成熟の柿から作られる柿渋。余計な染料は使わず、青いままの柿渋を丁寧に発酵させることで、自然な風合いを帯びた温かみのある茶色に仕上がる
  • 2-3.昔ながらの製法で、ひとつひとつ丁寧に、手作業で染色。手間暇を惜しまないからこそ、柿渋の本当の良さを引き出すことができ、使い手にやさしい仕上がりとなる

株式会社柿渋Houseみます

TEL 0774-39-7428
URL http://kakishibusome-mimasu.jp/
千年の知恵と現代の技術が融合し、今もなお進化する伝統―
京都のモノづくり

日本で唯一のソフトパステル専業メーカー
王冠化学工業所

日本ならではの色で、感性を伝えるハンドメイドパステル
医療にも用いられる技術で、伝統にイノベーションを起こす
エスエヌジー

香りを目で見て楽しむ、技術と伝統の融合から生まれたディフューザー
ジャンルを超えた職人たちが、ペンでつながる
ネーカーズ
世界で初めて、デジタルと融合した次世代の京鹿の子絞り
京都絞美京
柿から育てる、こだわりぬいた 京・柿渋染め
柿渋Houseみます

記事はこちらの雑誌に掲載されております。詳細はこちら


TOP