地域のモノづくり~地域のモノ・コト・ヒトから生まれる日本の逸品~

  1. HOME
  2. 2016年4月号

モノづくりの集積地
墨田のモノ・コト・ヒト

現代でも江戸の粋や人情が息づく下町・墨田。葛飾北斎や勝海舟など歴史的な人物ゆかりの地でもあり、東京スカイツリー®や江戸東京博物館、両国国技館など、東京を代表する名所も豊富な町として知られる墨田区は、実は様々なモノづくりの場が集まる地でもある。江戸切子や桐工芸、革製品などの伝統の技がいきる手しごとを行う職人と、近代以降の工業を支えてきた製造業を営む中小企業が集まる、“モノづくりの集積地”となっている。近年では区をあげてのモノづくり支援や、モノづくりに携わる“ヒト”の交流も盛んにおこなわれており、現代のライフスタイルにあった、墨田ならではの商品も多数誕生している。

墨田の製本
ITO BINDERY

一流の仕事をさりげなくサポートする、丁寧な手しごとから生まれる文具
墨田のプレス加工
笠原スプリング製作所

シンプルなものほど、ごまかしがきかない
墨田の縫製
丸和繊維工業

下町から宇宙へ、ニット専業メーカーの“おもてなし”から生まれる技術

記事はこちらの雑誌に掲載されております。詳細はこちら


TOP